読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツネ1569

常日頃感じたことをつらつらとログするブログです。

21:0の先へ

前回からおよそ4か月、2017年になりました。
あけましておめでとうございます。

橋本さんの卒業ライブは全落でした、Tuneでございます。
なので、おとなしくschool of lock!聴いてます。あ、恋する文学夏の旅買わねば。

さて、書きたくなった時に書くブログなので、テーマも長さもバラバラですが、
今日も乃木坂の話です。そうなんです、卒業ライブこそ外しましたが、2日目はあたりまして、行ってまいりました。”新体制1日目”とのことで、なんぞ、思ったことでもつらつらと書いてみようかと思います。(あとは、物を書く練習です。)

------------------------------------------------------------
誕生日には、普通の人は、来年への抱負を語る。
加えて、直近1年を振り返ったりする。
だが、誕生日のたびに、それまでの人生を振り返ることはない。

だが、乃木坂46のバースデーライブは、デビューから全曲を披露する。
そう、結成からの歩みを、毎年、毎年振り返っているのだ。
自分たちが今、どんな坂を上っているのか、確かめながら進んでいるように。
昨年のこの時期は一風変えて、ライブではなく、『乃木坂46時間TV』という、これまでのアイドルシーンになかったトライアルを実施し、個々人がいかにユニークでストロングなパーソナリティを持つかを知らしめる結果をもたらした。自分たちが進んできた道が、間違ってなかったことを証明した1つのシーンだった。

そこから、3人の新センター・3人のメンバーの卒業・そして3期生の加入を経て迎えた2月21日、5th YEARバースデーライブ2日目は、彼女たちの2016年が間違ってなかったこと、そして、これからも坂を上っていくという決意を示した、そんなライブになった。


午後6時、”埼玉メンバー”(乃木坂46の埼玉県出身メンバー7名)の凱旋の影ナレ終了後、満員のさいたまスーパーアリーナの照明が落ち、5th YEARバースデーライブ2日目が始まった。OVERTUREが流れ、メンバー1人1人の名前と、『全曲披露』の文字が踊る。そして流れ出した最初の1曲目は、誰もの予想を裏切るものだった。
スクリーンに白黒の幾何学文様が移り、美しいピアノの旋律が流れる。アンダー楽曲『あの日、僕は咄嗟に嘘をついた』から、2日目のバースデーライブは幕を開けた。これまで以上に精工に作りこまれた照明と背景と、一糸乱れぬダンスと歌のオーケストラが、1曲目から観客を圧倒する。続く2曲目は『狼に口笛を』。1曲目の井上小百合同様、原曲通り
伊藤万理華がセンターに立ち、躍動感あふれるパフォーマンスを繰り広げた。

ライブの終盤で、休養中の中元日芽香からのVTRが流れ、冒頭で「アンダー楽曲からバースデーライブが始まったことはない」と述べられた通り、『あの日~』『狼に口笛を』、その後の『左胸の勇気』と、アンダー楽曲でオープニングが続いたのは史上初である。6年目になっても挑戦を続ける、乃木坂46のスタンスを見せつけるオープニングであった。

その後、『裸足でsummer』『走れ!bycicle』と続き、最初のMCになった。
ここで、メンバーが昨日の橋本奈々未卒業ライブに触れたのだが、その中で、高山一実が話した言葉が、この日のライブの全てを物語っていた。

「ななみんがいなくなって正直寂しいけど、その穴をみんなで埋める、っていう考えじゃなくて、その穴の周りを掘って、さらに深くしていきたい。」

その言葉が、現実のものになっているシーンが、その後もいくつもあった。
アンダー曲からのオープニング、これまでの演出を超える照明とスクリーン映像、3期生の新曲披露、ユニット曲のコーナー、乃木坂AKBの同時中継、そして、アンコールで情報解禁された、人気マンガ『あさひなぐ』の映画・舞台同時公開……

ライブを振り返っても、4時間の間に、いくつこれまでにない演出が、サプライズがあったか、数えきれない。『命は美しい』『ガールズルール』や『急斜面』など橋本が原曲メンバーだった楽曲もいくつも披露された。高山一実衛藤美彩井上小百合がそのアンダーに入っている場面が多かったが、穴埋めや代役ではなく、これでもかと詰め込まれた新しい演出において、全く新しいフォーメーションでのパフォーマンスを見せつけられている印象だった。4時間の全てが、新しい体制による”これからの乃木坂46”を目の当たりにしていることを実感させた。

ライブの詳細についてはまた別途記載できればと思う。しかし、確実なことは、そこには、卒業ライブからたった1日で、”まだ眠る無限大の可能性”を感じさせる46人がいた。

経験値としては0のこの新体制西野七瀬が送った、「いつか乃木坂46を背負って立つ日が来る。頑張れ!」の言葉に応え、『人はなぜ走るのか?』『強がる蕾』そして『羽根の記憶』という、乃木坂46の中でもタイプの異なる3曲を、見事に歌いあげた3期生も、今日からライブに加わった。『3人のプリンシパル』を乗り越え、開花を始めた3期生を加えた新体制の乃木坂46は、坂の上でどんな景色を見せてくれるのか。明日のライブで、その鱗片がみれることだろう。
------------------------------------------------------------


2000文字くらい書いた。。。
いやもう語ると超長いのだけれど、かずみんの冒頭での、ななみん卒業ライブを振り返った1言がライブの全てを物語っていて、それが伝わればいいなと。
(3期生の『強がる蕾』とか、じょーさんセンターの『月の大きさ』とか、映像の演出から衣装まで超最高だった『行くあたてのない僕たち』とか、神映像演出×なーちゃんセンターダンスシーンからの『制服のマネキン』とか、鬼神のごときキレッキレの堀ちゃんソロセンターの『嫉妬の権利』とか、とにかく語りたいことは多いんです。)

深夜にいいトレーニングになった。
休暇も終わりだけど、いい感じにテンション上がって頑張れそうだ。


このまま明日のANN0まで体力持ちますように。おやすみなさい。
まいちゅんがんばれー。ホントに。

20:ひとつにつながる。

こんばんはなのか、おはようございますなのかな時間に物書きを。

この時間、朝焼けもまた、今日と明日が溶け合う逢魔が時。深夜を乗り越えて、
未知なるものに、知らない自分に出会える時間。
(”君の名を”をやっと見まして。忘れたくないものは、いつか思い出せる。思い続ければ、きっと。って話なのかな。。。?)

そんな時間になんで物書きをしているか。というのも、社会人1・5年目になるこの時期に、24歳まで7日間のカウントダウンが始まったこの日に、結構衝撃的な出来事がありまして。頭が冴えてるうちにつらつらと書き留めておきたく。

http://www.nogizaka46.com/smph/news/2016/10/20-hashimoto.php


僕が乃木坂46を知ったのは、就活中。今は8号まで出ている『OVERTURE』という雑誌の創刊号の表紙・巻頭特集が乃木坂46で、ちょうど就職終盤戦中の、2014年の6月に発売でした。

f:id:ATune:20161020043629j:plain

もともとファッションも音楽もアイドルもサブカル的なものも好きなので、面白そうな雑誌だと思って手にとって、東京から神戸に帰る新幹線の中で読んでいたんです。当時、乃木坂のメンバーは1人も知りませんでした。”制服のマネキン”だけは何故か知ってました。

メンバーの顔と名前も一致しない中で読み進めていくと、橋本奈々未さんなる人が
こんなことを言ってました。

『繋げることができないと、私が乃木坂にいる意味がない』

最初はなんのことだかわからなくて。ただ、その時期外部でドラマに出ていたり、
グループを離れて仕事をしていた時期で、そのことを乃木坂の次の活動に、自分の次の活動につなげていけないと外に出た意味がない、という趣旨の発言というのを、OVERTUREを読み進めて理解しました。

その時、すごく救われたというか、『自分はまだ間違ってない』と思えたことを覚えています。その時の僕は、外大に入って、学祭を作って、マーケティングや広告をかじり出したかと思えば学内の他のイベントに首をつっこみ、ボランティアに行き、広告業界を目指して就活をしながら、東京と神戸を行き来しているような状況でした。
やってきたことはバラバラ。自分が今まで楽しいと信じていたことを、どうやって続ければいいのか、正直不安でした。

でも、その一言を読んで、ああそうかと。繋げればいいじゃんと思えたんです。
バラバラでもやってきたことをつないで、1つの線を紡いで次に進めれば、やってきたことに意味はあるし、今、外大にいる意味はあるはずだと、もう一度思うことができて、就活もその後すぐに終えられました。(もともと終わりかけだったのもありますが。)


その時から、乃木坂46、ひいては橋本さんに関して興味を持って、
就職して東京に来た頃からは、ライブも舞台もイベントも行くようになってました。

f:id:ATune:20161020060125j:image

今でも渋谷TSUTAYAで帰りがけにCDを買うのが発売日のルーティンです。
毎週日曜夜は、1年以上欠かさず『乃木坂工事中』を見ています。(たぶん)
『OVERTURE』も発売日に8号全部買ってます。他にもいろんな雑誌やインタビューを読みました。

『常にプラスでいたい』『仕事を続ける中でやりたいものに出会えたらいい』
『人との出会いがすべて』『今までの人生で自分が抱えてきた負債を消していくためにここにいる』

いつも橋本さんのスタンスに、どこかシンパシーを覚えて、なんとなく背筋を伸ばして、東京の夜を超えてきたのが、正直なところです。
”生まれたままで”という名曲を教えてくれたのも橋本さんでした。
大事なものは少ない方がいい。問題なのは自分の人生だと。




橋本さんは今日のオールナイトニッポンで、来年2月を目途に乃木坂46を卒業、芸能界を引退すると表明しました。
「ああ、そうなのか」というのが第1感情でした。
まぁ、遅かれ早かれというか、いつか来るだろうな、とは思っていたので。
ただ、新曲”サヨナラの意味”とアンダーグラフ”ツバサ”のコンボは涙腺に来ました。

そんな新曲のオンエアを聴きながら、歌詞を一部耳コピしてみました。

『電車が近づく気配が好きなんだ』

『さよならに強くなれ この出会いに意味がある
悲しみの先に続く僕たちの未来。
始まりはいつだってそう何かが終わること。』

『躊躇してた間に日は沈む せつなく遠くに見える鉄塔 ぼやけてく』

『見つめあった瞳が星空になる』

『後ろ手でピースしながら、歩き出せるだろう 君らしく』

ホントに橋本さんに合った曲だなと。
きっとこの電車は、”生まれたままで”で通ってる電車だし、沈む夕日は
”東京”の”茜色の夕日”だろうし、星空は”銀河”だろう。


自分の人生での出会いを1つにつなげた人だから、ここまで響く歌なのだと思ってます。
僕はどうでしょう。東京で人生を変えられそうな出来事がいくつもあって、それはやっぱり1つにつながっていると思う。いや、つなげられないなら、ここにいる理由はない。

今後も、会える機会があれば、会いに行こうと思います。
感謝を伝えられればなんて思います。素敵な言葉と、音楽と、
生き様を教えてくれたことを。ありがとうございますと。

 


あと、タイ料理がおいしいということも、橋本さんが教えてくれました。
トムヤムクンはそこまで好きになれませんでした。カオマンガイは美味い。)

19:らしさはどこにある

昨日、久しぶりに大学の後輩と話しました。
就職活動も、いよいよ佳境の時期とのことで、みんながよいと思える結果で締めくくられればいいなと、勝手に思っています。

将来の安定性とか度外視で就職活動してたな。
やりたいことへの最短ルートを探していた、と思う。
会社の雰囲気とか、実際の勤務内容とか、ちゃんと深堀りしてたかな。

結論から言うと、今、ここにいる理由とか、自分らしさとか、自分の意志とかっていうものを、すごく問われていて。たぶん最後のことを一番問われている。

去年のことを振り返ると、言われたことを真に受けて、右から左に仕事を流して、また左から戻ってきたものを右に流して、っていうのに必死だったなと思う。
それだけじゃなかったとはもちろん思うけど、それが8割だったなと思う。

で、今年になって、そうじゃない部分を、自分がどう思ってどうしたいかを考えないといけなくなって。まぁ、2年目だし、去年の経験がある以上、当然のステップなんですが。去年より格段に、自分の意思を表していかないといけない部分が増えたんですよね。それこそ就職活動以来に。

 

これ、めっちゃ辛いです。個人的に。
意思表示が下手な人間な上に、去年1年やってないから。それを学ぶキャパがメンタル的に無かったから。

意思を示すにはデータが必要です。勘ですべてを決められないから。
(人様のお金は勘で預かれません。自戒も込めて言っておく。)
ロジックを作る思考を染みつけるのが、喫緊の課題。

 

昨日、半年間通ったセミナーを修了しました。端的にいうと、編集者やライターを目指す人が集うクラスで、基本的なライティングスキル・取材のイロハなどを学び、実際に取材して、記事を書きました。

「そういう職業につきたいの?」
というわけではないのですが、世の中を見て、トレンドだとか流れを読んで、人の求めるコンテンツを作る・発信する、その1連のスキルって、どんなところでも役立つと思って、通うことを決めました。(ただ、そっち系の職でメシが食いたいなぁ、という思いが結果的には強くなりました。人生で初めての体験だった。こんなに自分は表現者になった時に、未熟というか、ど三流ということを思い知った。いや社会人としてもこのままじゃ3流以下だけど。。。)

 

そう、ここでも、自分の意志を表すことが、自分の言っていることを正当化するのが、
すごく辛かった。と、同時に、このスキルはそのクラスの中で得られなかったけど、ここからはそれがないと、流されて自分の人生が終わるな、という危機感を持った。

”キングダム”って漫画の最新刊で、軍師が苦心して策を練り、橋も船も無い川を渡り、
対岸の敵を討つシーンがあるんだけど、今はその気分。
ぶっちゃけ人生の窮地。死地に活路を見出せ。

 

漫画もそうだけど、歌にも、本にも、人にも、出会ってきた/これから出会う何かの中で、必ず答えは見つかるはず。それが正解かは誰がその時は決めるでもない。
仕事もそうだけど、人生でも、答えを出すのがこの1年の残りの期間。


自分らしさは言葉の中にある。

f:id:ATune:20160612235741j:plain

最近みつけたスタンド。すごくいいなと思った言葉。こういうのを大事に。
なんで好きなのかはもっと大事に。

 

 

乃木坂で誰か珈琲好きなメンバーいたっけ。(いたら推しメンになりそう。)

18:意味の無い想像も

反復練習。それが文章を上達させるコツらしい。
ぐうの音もでません。日付がそれを物語る。
4か月ぶりのブログです。


さて、今年もGWはバッチリ遊んでいます。1人でですが。
まず、昨日は『JAPAN JAM BEACH 2016』へ行きました。

             https://www.instagram.com/p/BE7kbR0NIKR/

JAPAN JAM 2016!!この五臓に響くロックンロールよ。go!go! vanillas最高だった。この後はTHE BACK HORN, Chezco No Republic, ストレイテナー,NICO Touches the Walls, そしてヘッドライナーのアジカン。#rock #jj #夏フェス #GW開幕戦


一発目がgo! go! vanillasで最高にカッコよかったのだけれど、そういえばバニラズ最後に見たの大学4年生のRUSH BALLだ、と思って、時の早さにちょっとショックでした。その後でバクホンチェコ・テナー・ニコ・エレカシアジカンと観たけど、いやどれも素晴らしかった。。。個人的に印象的だったのは、

チェコ×salyuの『for you』(salyuとタカハシマイのユニゾンが超綺麗だった。)
・テナーの新曲『シーグラス』(演る前のホリエさんの言葉が沁みた。宝物は自分で決めるもの。)
・NTTWの『ニワカ雨ニモ負ケズ』(ラスサビに入る前のカウントがカッコよすぎた。)

そして、人生初だったアジカン、『リライト』。超有名曲なんだけど、やっぱり超カッコよかった。さらに、1日経った今、その歌詞の1つ1つが自分に刺さりまくっていることに気づく。


『自意識過剰な僕の窓には 去年のカレンダー 日付が無いよ』
『所詮 ただ凡庸 知って泣いて』
『起死回生 リライトして 意味の無い想像も 君を為す原動力』



んー。やっぱり、どう考えても限界なんですよね。
嫌なことに耐えることとかじゃなくて、こうして書かずにいられないくらい、
言いたいことがあるんですよ。形の仕方がわからないだけで。



この記事、実は京都で書いているのですが、それは今日は乃木坂46の全国握手会に来まして、そのまま京都泊しているのです。(わざわざ京都まで来たのは、幕張のに行けなかった+ちょっと旅行したかったからです。ああ、まいまい号泣のシーン、今思い出しても泣きそう。


で、ライブを観て、イベントに参加してってことをしていると、思い出すのは外大祭で。この舞台を作りたいとか、こんなのあったらいいかもとか、ステージの写真を撮りたいとか、あまつさえ、ステージに立ってみたいとか、そんな思いがやっぱり強くなる一方で。熱量の1番近くにいたいんです、たぶん。

「俺だったらこんな照明にするなぁ」「このコラボがみたいなぁ」
「こんなグッズがほしいなぁ」「あの2人の対談がみたいなぁ」とか、考えたりもするのです。


意味の無い想像です。妄想とか空想とか、現実逃避とも換言できます。
でも、それが原動力でしょう。将来像を想うから、人は進めるはず。
未来が見えないなら、自分で見つけに行けばいい。

              https://www.instagram.com/p/BElFTCftIK5/

ハルジオンが雨に打たれて、それでもなお青空見上げるように。久しぶりの自分のためだけの土日。何も変わらないスタンスで、夏へ。#holiday #flower #railway #nogizaka46 #全ツまさかの東名阪行きます #なんということでしょう



『問題なのは あまりに長い 生命の残り』(“生まれたままで”/乃木坂46
愛で塗りつぶす準備は整った。あとは、描く絵を決めるだけ。

真夏の全国ツアー(東名阪3か所4公演当たりました。)を楽しみに、
スタンスを変えずにマイペースで頑張ります。

017:街>町

今年2回目の週末は、大阪に行きました。
会社の同期9人で行ったけど、関西在住経験をゴリゴリに押し出したりましたわ。
ユニバは人生2回目だったので、ビギナーもいいところでしたが。

ハリドリってあんなに楽しいんですね。2時間待ちも納得。
選曲したのは Live For The Night / Krewella でした。

 

 

そういえば、行ったその日は、大阪市からの助成金とかで、
閉園後の夜までガッツリ楽しめるプログラムもあったみたいで。
僕らは大阪の街も見たいっていうので、そんなに遅くまでいなかったけど。

家に帰って思ったけど、こういう特典も、何パターンかあってもいいのかも。
僕らみたいに、2日間で大阪を回ろうとしている人たちには、地下鉄の1日チケット付きとか、食べ歩きたい人には、お店を回りたくなるインセンティブとか。
あとは、その体験をソーシャルでシェアしたくなるような仕掛けもないと、
せっかくの企画がもったいない。(それこそUSJなんてインスタジェニックでしかないんだから。)


その街が持つ資産を、統合して、居る人・住む人・来る人、つまりはその街がスキな人々が投資しやすくするスキームを作る。もう少しでスタートする「瀬戸内国際芸術祭」はその理想の一つの形なんじゃないだろうか。色んな場所で、アートとかエンターテインメントが核になった、『都市マーケティング』的なものが今後も続くのですかね。行政区に留まらない、ゆるやかだけどしたたかな頭脳戦が。


「東京以外の街だと、やっぱり地元の人が多いから、その街のカラーがあって良い」というのを、旅行中に同期の1人が言っていたが、なんだか納得した。東京だと、エリアごとのカラーは出る街とそうでない街がある気がする。2020年に向けて、この街の極彩色はどんな色合いになっていくのか。


お上にペンキをぶちまけてもらうだけってのはね、風情がないよね、かつての江戸。
透明な色には、自分で色をつけるから、きっと楽しいのでしょう。

16:Paint it love

前回記事の冒頭を見たが、夏の終わりどころか、冬も終わりかけている。。。

でも、そう思うのは、暖冬なだけじゃなくて、最近訪れた場所と、出会った人のせいかもしれない。

 

自分のスキなものを表現したくて、愛が溢れている人に、最近は会う。
僕も、そういった生き方への憧れが、日に日に強くなってきたので、新年の目標を「Paint it love」にするとともに、はてブロアプリを久しぶりに起動した。

f:id:ATune:20160110222944j:image
 Fuglen Tokyo のコーヒー。
スキな朝の始め方、美味しいコーヒーを飲むこと。


自分の中に溜まってきたものも多くなってきた東京1年生。そろそろ、人生のプリンシパル感を出すにも、スキなものについてアウトプットすることが必要かななんて思ったり。


今、自分のスキなものを、スキな場所で仕事にはできていなくて、そのフラストレーションは、モチベーションの減退を招いている。ただ、実力がないのも、また事実で。

スキなものを、何でスキで、その魅力は何で、自分をどう幸せにしてくれているのか。

それを編集して、わかりやすく、面白く伝える。そんな場に、このブログはしていきたい。このブログを、愛で塗りつぶす。そして、それを生命力にする、それでご飯を食べるために。


愚痴ってばっかいないで、あの子を、お前を、この星を、愛で塗りつぶすのさ。

 今年も1日1日笑顔で頑張るぞー。
 

015:beyond description

夏の終わりを決めるのが気象予報士やカレンダーでないのなら、

あと2ヶ月ぐらい夏が続く。と、僕は思っている。

夏バテは避けたいので、最近サボりがちだった健康へのストイックさを

取り戻したいと思わせる3週間だった。

 

日々、ブログとかツイッターに書くような事はなくて、

ただ目の前にある事象と向き合ってばかりいた。

 

ただ、今週が終われば、前回書いたように、体力を使う30日に、

おそらく区切りがつく。ついてしまう。

そこからは、なんとなく、ホントの社会人生活が待っている気がする。

 

日々、ブログとかツイッターに書くようなことは、ないわけではない。

ただ、上手く文章にならない。

たぶん、要約してしまうと、認めざるをえない現実として、

「大学を卒業する時に想像していた毎日と違う。」

と、思うことが増えた。

理不尽なこととか、納得いかないことはほぼない。

ただ、毎日が100%楽しいと言えない。その解決法が、表現できないのだ。

 

逃げるという選択肢はない。後悔するから。

「オレは何もわかっちゃいない 掴んじゃいない」

「運命なんて綱渡り」

「まっすぐなうたを歌うために」

(まっすぐなうた / NICO Touches the Walls)

間違いは正していく、しかない。何だかんだ全部間違ってても。

 

 

再来週は神戸に戻れる。

うん、何か始めるいいきっかけだ。