ツネ1569

常日頃感じたことをつらつらとログするブログです。

001:憧れの職業

家から歩いて5分のところにいいカフェを見つけた。この文はそこで書かれている。GWは1日も雨が降らず、控えめに言って100点だった。

常日頃、思ったことを記録(ログ)にしていく。そんな目的ではてなブログアプリをインストールした。
社会人とやらになって1月経った。言葉を駆使し、メディアと向き合う職業に就いたのだから、"MEDIA MAKERS"に書かれているように、個人型メディアの1つでも運営してみようというきっかけだ。

言葉を駆使し、メディアと向き合う職業。私はデジタルがメインだが、アナログも形式も問わないのであれば、編集長という職業は、業界の中では憧れる。
時代を目利きし、モノ/ヒト/コト/場所を問わずにディスプレイする。百貨店のバイヤーにも似たところがある。学生時代に聞いた、バイヤーの山田遊氏の講演は面白かった。

とはいえ、70億ほぼスマホ時代の今、物事を切り取り、発信できるという観点から見れば、誰もが人生の編集長と呼べるのではないか。「雑誌」の名の通り、1つのテーマで切り取り切れる人間はそういない。だから雑誌は面白い。だから人間は面白い。

目の前にいる人たちは今日の自分をどんな記事にするだろう。このカフェは人気で、人の出入りが多い。
だからカフェも面白い。

私はまだ、カフェを営業できそうになさそうだと痛感する。
f:id:ATune:20150506212805j:image

今日の一冊:MEDIA MAKERS/田端信太郎(2012/宣伝会議)
今日の一曲:Amazing Parade / Chezco No Republic