ツネ1569

常日頃感じたことをつらつらとログするブログです。

009:Stoutなアタマ

最近、毎朝某いい気分になるコンビニで、朝食と飲み物を買っている。混み具合的にはいい気分にならない。

新商品をトライアル的な感覚で購入できるのはコンビニの楽しいところではあるので、飲食物は日々違うものにしようと思っている。最近だと"いろはす トマト味"は美味しかった。

などと言っているが、実際は、
朝起きられなくなってきて、家で用意できないのだ。意外と体力や気力が削られていると感じる。知識をアタマにガンガン叩き込んでいる日々だが、どうしても知識ばかり先走ってしまうことが多い。

「なんのためにその知識が必要なのか。その仕事はどんなミッションを達成するためなのか。それを常に考えること。」

配属されて最初に、トレーナーの人から教わったことである。
私の業界では流行り廃りが激しい。プロダクトもテクノロジーも変化し続ける。その中で必要なのは知識だけではない。

そう感じることの多い毎日である。アタマが太ってきたような、ちょっと頭を使うとすぐに脳に汗をかくような感覚が頻繁にある。それが良い具合に絞れてくるには、もう少しかかりそうだ。

英語では、"fat"の婉曲表現として、"stout"というワードが好まれる。
私のアタマもガッシリと、頼りがいのあるようになりたい。

f:id:ATune:20150522225657j:image
安藤百福の言葉。


コンビニ食が増えても、太りたくはないなぁ、、、