ツネ1569

常日頃感じたことをつらつらとログするブログです。

19:らしさはどこにある

昨日、久しぶりに大学の後輩と話しました。
就職活動も、いよいよ佳境の時期とのことで、みんながよいと思える結果で締めくくられればいいなと、勝手に思っています。

将来の安定性とか度外視で就職活動してたな。
やりたいことへの最短ルートを探していた、と思う。
会社の雰囲気とか、実際の勤務内容とか、ちゃんと深堀りしてたかな。

結論から言うと、今、ここにいる理由とか、自分らしさとか、自分の意志とかっていうものを、すごく問われていて。たぶん最後のことを一番問われている。

去年のことを振り返ると、言われたことを真に受けて、右から左に仕事を流して、また左から戻ってきたものを右に流して、っていうのに必死だったなと思う。
それだけじゃなかったとはもちろん思うけど、それが8割だったなと思う。

で、今年になって、そうじゃない部分を、自分がどう思ってどうしたいかを考えないといけなくなって。まぁ、2年目だし、去年の経験がある以上、当然のステップなんですが。去年より格段に、自分の意思を表していかないといけない部分が増えたんですよね。それこそ就職活動以来に。

 

これ、めっちゃ辛いです。個人的に。
意思表示が下手な人間な上に、去年1年やってないから。それを学ぶキャパがメンタル的に無かったから。

意思を示すにはデータが必要です。勘ですべてを決められないから。
(人様のお金は勘で預かれません。自戒も込めて言っておく。)
ロジックを作る思考を染みつけるのが、喫緊の課題。

 

昨日、半年間通ったセミナーを修了しました。端的にいうと、編集者やライターを目指す人が集うクラスで、基本的なライティングスキル・取材のイロハなどを学び、実際に取材して、記事を書きました。

「そういう職業につきたいの?」
というわけではないのですが、世の中を見て、トレンドだとか流れを読んで、人の求めるコンテンツを作る・発信する、その1連のスキルって、どんなところでも役立つと思って、通うことを決めました。(ただ、そっち系の職でメシが食いたいなぁ、という思いが結果的には強くなりました。人生で初めての体験だった。こんなに自分は表現者になった時に、未熟というか、ど三流ということを思い知った。いや社会人としてもこのままじゃ3流以下だけど。。。)

 

そう、ここでも、自分の意志を表すことが、自分の言っていることを正当化するのが、
すごく辛かった。と、同時に、このスキルはそのクラスの中で得られなかったけど、ここからはそれがないと、流されて自分の人生が終わるな、という危機感を持った。

”キングダム”って漫画の最新刊で、軍師が苦心して策を練り、橋も船も無い川を渡り、
対岸の敵を討つシーンがあるんだけど、今はその気分。
ぶっちゃけ人生の窮地。死地に活路を見出せ。

 

漫画もそうだけど、歌にも、本にも、人にも、出会ってきた/これから出会う何かの中で、必ず答えは見つかるはず。それが正解かは誰がその時は決めるでもない。
仕事もそうだけど、人生でも、答えを出すのがこの1年の残りの期間。


自分らしさは言葉の中にある。

f:id:ATune:20160612235741j:plain

最近みつけたスタンド。すごくいいなと思った言葉。こういうのを大事に。
なんで好きなのかはもっと大事に。

 

 

乃木坂で誰か珈琲好きなメンバーいたっけ。(いたら推しメンになりそう。)